【変化への抵抗を理解しよう】うつ病患者との接し方を詳しく紹介

知っているだけで違う

看護師

サポート者が縛られない

うつ病の接し方というと大体の人は頑張ってと声かけするのは良くないと回答するでしょう。実際そのように言われてきたので仕方のないことですが、近年はだんだんと変わってきています。具体的にどうしていくのがいいのかを知っておくといざという時に安心です。まずうつ病の人への接し方で重要なのは腫れ物に触るようにならないことです。意識してしまうとどうしても距離を取ってしまいがちですがいつも通りというのが一番好ましいです。しかし病気の特徴としてできないことが増えているのも事実です。そこに一番ショックを受けているのはうつ病になった本人なので追い詰めるような言葉がけは避けていきましょう。例えば何処かへ出かける計画を立てていたとしても当日動けなくなってしまうなどがあります。楽しみにしていた者としては残念で、愚痴の一つも言いたくなります。その場合は残念だという気持ちは正直に話すといいでしょう。ただし相手のせいで行けなかったなどと責めるような口調になってしまわないようにだけ気を付ける必要があります。うつ病になる人は元々真面目で責任感の強い人が多いと言われています。病気のせいでどうにもならないのにどうにかしようと頑張ってしまい、結果症状が酷くなるのはよくある話です。もしどうしても急な予定変更などが許せないタイプだと自覚しているのならうつ病の人とは先の約束を避けるなど上手に距離を取ってお付き合いするようにしましょう。側に寄り添うのも大切ですが必要以上にべたべたしないという接し方をする人がいても大丈夫です。また、うつ病になると驚くようなことができなくなってしまいます。連絡一つできなくなるというのはよくあることです。その時に気遣うのはOKですが連絡をするように強要することなどはやめておきましょう。連絡をしたい気持ちは十分にあるのにできないのがうつ病です。心配な気持ちは分かりますが何度も連絡を入れるのは逆効果です。縁があればまたいつか繋がるくらいでいたほうがサポートする側にも負担がかからなくていいでしょう。実際サポートしている側がうつ病患者に親身に接しすぎて自分も病気になってしまう例はとても多く報告されています。特に家族や恋人、親友などはそのような状態に陥りやすいので要注意です。可能であれば受診日に付き添いをするようにして、正しい接し方を医師から直接教わる機会を作ってください。ただし患者本人がついてきてもいいと言った場合にのみ可能な方法ですのでまずはよく話し合いましょう。

Back to Top