【変化への抵抗を理解しよう】うつ病患者との接し方を詳しく紹介

家族も一緒に理解しよう

カウンセリング

焦りは禁物です

現代社会の中では、人知れず悩みを抱えている人は決して珍しくなく、うつ病もそんな悩みのひとつと言えるのではないでしょうか。うつ病というと、どこか自分には関係のない話のように考える人が多いものですが決してそんなことはなく、誰でもなる可能性があるといわれています。他人事のように感じてしまうような病気であるからこそ、病名は誰でも知っているにも関わらず身近な人間がかかってしまった時の接し方は実際のところ誤解が多いのも事実です。体の病気であれば、検査の結果が数値で現れることや、発熱など周りから見てもそれとわかる不調があるため、周囲の理解を得やすいものですが、精神疾患はそうではありません。本人はとても苦しんでいるにも関わらず、本当の意味での苦しさを周りの人にわかってもらえないというのが、この病気の人が多く抱えるつらさともいえます。だからこそ、患者の家族はうつ病の事をきちんと理解したうえで接し方に気を付けることが、この病気を治療していくうえでとても大切な点なのです。うつ病の治療で一番大切なのはあせらないという事だといわれていて、それは本人だけでなく家族も強く意識していかなくてはならない点です。言葉でいえば簡単なようですが、治療期間が長期にわたるとそばにいる人間だからこそ感じる焦りは当然のものですし、生活という現実がのしかかっている分切実なのではないでしょうか。病気で働けない状況がいつまで続くのだろうとか、一進一退が続く病状に本当に治る日が来るのだろうかと考えてしまうのはごく当然の感情です。それをうつ病患者の本人がプラスの思考にもっていくことや、余裕をもって先を見据えていくというのはとても無理であるがゆえに、周りの人間が大きく構えることが大切なのです。うつ病のおおきな特徴の一つとして自殺願望を抱くということがあり、それを実行しないようにすることは周りで支える家族にとってとても重要なこととなります。自殺願望をほのめかすような時には、それをただ否定することや叱咤するようなことは愛情の上であったとしても控えるべきことで、きちんと心に寄り添った接し方をすることで安心させてあげましょう。自分のつらい気持ちを分かってももらえたと感じることで人の心は救われたと感じられるものであるため、あなたに生きていてほしいときちんと伝えるようにします。周囲の人間が間違った接し方をすることで悪化してしまう事も十分ある病気であるため、気を長く持って温かい心で支えてあげるようにしましょう。

Back to Top